チャイナマニュファクチュアエクスポーター

求人雑誌の仕事情報

仕事の求人がたくさん掲載されている求人情報誌は、就職活動をする際の貴重な情報源です。インターネットでの求人情報にその地位を譲りつつありますが、かつて求人雑誌はハローワークと並ぶ転職活動に欠かせない存在でした。

 

今で仕事情報をフリーペーパーや雑誌から取得している人は多く、ネット検索での仕事探しと同じくらいは情報が入ります。求人情報を雑誌で閲覧する場合、情報が見比べやすいという長所があります。各社の求人情報を見比べて、業種や勤務地、待遇などが一目瞭然でチェックできます。

 

また、転職の成功談なども収録されており、弾みにもなります。求人雑誌は、コンビニでも手軽に入手できます。ただし、どのエリアの求人情報をカバーしているかによって、地方の人には使いにくいこともあります。宣伝広告と求人情報が一体化した無料のペーパーが配られている地域も存在します。

 

仕事に関する情報が簡単に手に入る方法でしょう。売られているものより無料配布の方が効果的と判断され、仕事の情報の掲載数も有料のものと比較して多いようです。常に同じ会社の同じ求人情報があると、もしかしたら何らかの事情で人が居着かない職場なのではないかという考えが頭をよぎることがあります。

 

求人情報の内容は、有料の情報誌の方が好条件なのではないかという意見も存在します。仕事の情報は、写真などで雰囲気がつかめることもありまが、勝手な思い込みをするより、実際に面接に行き会社の状況を確認することも大切です。仕事の情報は、文字媒体以外にも実地で見学できれば、わかりやすいでしょう。

ハローワークの仕事情報

ハローワークで仕事の情報を得ることは可能ですが、具体的なイメージは得にくいようです。もしわからない部分があれば、ハローワークの窓口で情報を尋ねることで会社の情報を得ることが可能です。

 

9割以上が中小企業であり、大手の求人はごくわずかなことがハローワークの特徴です。ハローワークは仕事情報の紹介を受けるにあたり登録が必要になり面倒に感じる方も多いようです。登録をすることで求人票が自由に検索できますが、待遇や勤務時間、勤務内容についてが確認できます。

 

ハローワークにあるパソコンを利用して受けてみたい仕事情報の求人票をプリントアウトし窓口に行って相談します。ハローワーク側は、求職希望者の求めに応じて会社側に繋ぎを取り、面接や採用試験を受けることができるよう仲介をしてくれます。

 

また、ネット環境があれば家からでもハローワークの求人検索はできますが、会社の名前は伏せられています。そのため、ハローワークの求人検索での応募はハローワークを通さなければならず、紹介状を用意することになります。

 

ハローワークに行く時に必要な所持品は特にありませんが、重要な情報を記録できるよう、メモ帳や筆記用具くらいは持っていった方がいいでしょう。1人で情報収集から連絡まで済ませることが難しい方や、新しい職業について予備情報が欲しいという方もいます。

 

職務履歴に不安があったり、新しい切り口で色々な情報を探したいという方にハローワークの仕事探しが向いています。

求人の最新情報

関連情報