チャイナマニュファクチュアエクスポーター

公務員の仕事内容

終身雇用の習慣が崩れつつある昨今、安定志向を持つ人は公務員の内容に魅力を感じるようで、公務員は今人気の仕事です。では、公務員の仕事とはどういった内容があるのでしょうか。

 

公務員は仕事の内容に従って2種に分けることができますが、いずれも公的機関に雇傭される形で、国の公務に従事しています。国家公務員と地方公務員です。国家公務員もその中には種類があり、特別職と一般職とに分けられます。国務大臣や裁判官、国会の職員や知事、などが特別職と呼ばれています。

 

造幣やアルコール専売や国有林野など生産販売関係の現業職や、それ以外の非現業職、特定独立行政法人の職員が一般職となります。これらをまとめて公務員と呼んでいるわけですが、これだけでも、実に多くの仕事内容を内包していることがわかります。

 

公務員といっても、様々な種類の業務があることがわかるでしょう。また、県職員や市町村職員はいずれも地方公務員で、仕事の内容も人によって様々なものがあります。市町村の役場や県庁に勤務している人を地方公務員といいますが、公立の学校の先生や用務員も地方公務員でしょう。

 

地方公務員の中のどの仕事についているかによって、内容は違います。ひとくくりに公務員とされますが公務員の幅は広く、その仕事の内容も全く違うものになっています。