チャイナマニュファクチュアエクスポーター

高収入の求人について

景気が冷え込み続け、これまでは高収入の求人を見つけるには学歴が重要と言われていましたが、今では博士号を取っても就職は困難です。民間の会社に博士号取得者を就職させるため、大学や公的研究期間にいる人を研究員として民間の企業に出すという取り組みもあります。

 

任期を区切って大学などから研究員を招いた企業に対しては、文部科学省から助成金が出ます。研究員を採用することで得た助成金を持参金として、企業側が研究者の採用を促進するようにという国の政策です。博士取得者の雇用は高収入にせざるをえないためか、求人不足に陥りがちです。

 

このような法人企業への助成事業を文部科学省が行うことは極めて希です。博士号を持つ人材を増やすため、大学院に働きかけることで博士号を持つ大学卒業者を増加させたことがありました。

 

ですが、文部科学省などの取り組みにより期限付き研究者の枠が増えても、会社からの求人は増えてはいないようです。現在、新卒採用の中の博士号取得者の割合は技術系で数%と、必ずしも多くはないという現実があります。

 

博士号を取ったからといって高収入が約束されているわけではなく、求人情報を手元に就職活動をしなければなりません。しかし、前よりも求人探しが大変になっているといっても、就職に成功すれば高収入であることは間違いなく事実です。

 

高収入を手にするためには、事前に下調べや仕込みをしておくことが大事です。求人情報から高収入の仕事を得ることで、結婚や住居なども夢が広がっていきます。