チャイナマニュファクチュアエクスポーター

転職に有利な資格の条件

転職の際、やりたい仕事に直結する資格を取る事が、転職活動を有利にすすめる為の大前提です。会社の人事担当は、転職活動者の履歴書に目を通す時には資格欄を確認します。

 

資格によっては書かない方がいいものもあります。仕事に活かせる資格なら積極的に書いていった方がいいでしょうが、あれもこれも書いては逆効果です。自社と無関係な資格ばかりたくさんもっている人を相手にすると、人事担当者はどうしてうちに来たんだろうと考えることもあるようです。

 

また、営業に就きたくて転職活動をしていたものの、簿記資格を取得していたことに目が止められ、経理採用となった人もいます。ただし、資格のために勉強し自己研鑽に励む姿勢をプラスに評価する会社もありますので、資格の書きすぎは良くないとは一概に言い切れません。

 

自分が会社に役に立つ人材だと表明できないような履歴書に仕上がらないように気をつけましょう。求人を出している会社は、資格だけで人を見ているわけではないことも重要なポイントです。

 

資格に加えて、どのようなアピールができるかも考えましょう。転職の場合、採用条件に特定業務の経験者を募集することがあります。1年から3年程度の実務経験者の求人が多いと言われています。転職活動を成功させるには、会社側が出す求人ではどのような資格やどのような経験を持っている人なのか確認することです。

 

人事担当者が採用したいと考えている人物像をイメージできることが必要です。資格を生かして転職を有利にするめることができると良いですね。