女性はますます社会に進出すべき

女性はますます社会に進出すべき

はるか昔の時代から、仕事は男性がするもので、女性は家庭を守るものと言われてきています。
ですが、近年は女性の社会進出が多くなり、日本国内でも政治家としても女性が増えてきており、政党によっては党首を女性が務めているというところもあります。

 

また、外国でも首相を女性が務めるなど、日本国内だけでなく世界的にも女性の社会進出がいわれています。
仕事の面でも、キャリアウーマンとよばれるように、女性の社会進出が多くなり、昔からあった女性は家庭を守るという風習は薄れてきているようです。

 

それにより、男性が稼いできた収入で生活をしなくても、女性一人でも十分生活していけるだけの収入を得られる人が多く、結婚をしない独身女性というのもかなり多くなっているようです。
こういった女性の台頭というのは賛否両論ありますが、男性では考えが付かないような感覚を女性は持っていますので、そういった意味でも社会的にもとても効果があるようです。

 

逆に昔のような男尊女卑的な発想のある国などは、比較的後進国となっているところが多く、女性の力というのは認めざるを得ないところと言えます。
男女雇用機会均等法という法律もありますが、実際社会においては、まだ女性を軽視するところもあり、またセクハラ・パワハラなどといった差別なども多く発生しているのも事実です。